暴力を訴えた女学生が焼き殺された凄惨な事件│16人に死刑判決│殺害指示は校長からのもの…

衝撃ニュース
スポンサーリンク

事件の概要

バングラデシュで2019年4月、校長からの性暴力被害を訴えた19歳の女子学生が火をつけられ殺害された凄惨な事件は、関係者の死刑判決という結末を迎えた。(浜田理央 / ハフポスト日本版)

海外メディアが10月24日に報じている。

バングラデシュの裁判所は、関与したとされる16人の被告に死刑判決を言い渡した。被告は全員控訴する方針という。

BBCによると、16人には、殺害を指示した校長や、実行した2人のクラスメートのほか、教師や地元の政治家が含まれていたという。

殺害されたのは19歳だったヌスラト・ジャハン・ラフィさん。この凄惨な事件はバングラデシュ国内に衝撃を与えた。このような事件は、本来は判決までに数年はかかるところが、事件から6カ月で判決を迎えた。

検察側は「バングラデシュでは、だれも殺人の罪から逃れることはできないことを証明した」と、アルジャジーラの取材に答えている。

迅速な判決も、母親の痛みを和らげることはなかった。言い渡しの後、「娘のことをひと時も忘れることができない。娘が経験した痛みを、私は未だに感じている」とロイター通信の取材に対して語った。

事件が起きたのは、首都ダッカから南へ160キロのフェニにあるイスラム教の学校。

不適切な方法で何度もラフィさんを触ったとして、校長が逮捕されたが、釈放を求める人たちがラフィさんを非難し始めた。 

ラフィさんは、クラスメートから学校の屋上に呼び出され、被害届を取り下げを迫られた。拒否すると灯油をかけられ、手足をスカーフで縛られた上で火をつけられた。全身の8割を火傷する大けがで死亡した。

逮捕された校長が、刑務所の中から殺害を指示していたという。この事件では17人が逮捕されていた。

浜田理央 / ハフポスト日本版

参照元:Yahooニュース

スポンサーリンク

ネット上のコメント

日本もこれくらいすべき。本当に。

目には目を。
同じようにしてやればいい。
16人の中には護送車の中で泣いてたヤツもいたけど、死刑すら生ぬるい。
普通なら、脅されて泣き寝入りしていたところだろうに、勇気のある行動だと思う。
周囲のサポートが欲しかった。

よく控訴なんてするね。
同じ殺害方法で。
想像を絶する恐怖と痛みだっただろうに

無関係な私でさえ怒りに震えるし悲しい気持ちになる。遺族の方の辛さは想像を絶する。
料理をしていて油が跳ねただけでも凄く熱く痛い。彼女の苦しみ、痛み、恐怖はどれだけのものだったか。本当に可哀想だよ。

日本の司法判断なら絶対ありえない判決だろう。
だからこそ、バングラデシュの裁判所の判断を支持する。
日本の司法は、人権がどうの外国がどうの判例がどうのと言い続けた結果、加害者ばかり護られる司法になってしまっている。

日本もこのくらいやるべきだ。

校長に味方して殺人まで犯す人が16人もいるという現実。校長の考えを心底正しいと思っていたんだろうか。しかも教師や政治家といった知識層で、子供を教育したり国を動かす立場の人というのがより恐ろしい。
この殺害に抗議する人も多いようですが、まだまだ問題は根深そうですね。

日本の方が性犯罪者に優しいと思う。日本も同じようにした方がいい。

骨も残らないくらい焼けば良い、神戸の4人の教師はカレー鍋の五右衛門風呂に入れてやれば良い。

スポンサーリンク

管理人の一言感想

今回の凄惨な事件の内容をみて、強い憤りを感じました。

なぜ勇気をだして訴えた彼女が、このようなひどい仕打ちにあい殺されなければならなかったのか…しかも焼死という苦しい死に方で…

殺害の首謀者である校長はもちろん、関与した学生達や政治家など死刑判決は当然ですね。しかし、控訴してるので全員死刑のままかどうか…

日本では、どうも加害者が守られるような司法になっているのは前々から感じています。

日本の法律はどうなってるの?w

政治家の皆さん、自分の私腹を肥やす為に国民から税金巻き上げる手段ばっかり考えずに、もっと他のところに目を向けてくださーいw


コメント

タイトルとURLをコピーしました