これは脅迫罪になる?道端に「ぶっ殺す」の貼り紙をみつけたから調べてみた。

面白ネタ

ある日嫁と難波や日本橋あたりをぶらついていました。

するととんでもない貼り紙をみつけたました!

それはある自販機に貼られていたものでコチラ

おぉう………これは衝撃的ですね………

「ぶち殺します!?」と嫁と2人で驚いて、そのあまりにもショッキングな貼り紙をみて思わず2人して笑ってしまいました(笑)

さらに横にあった自販機をみてみると…

あちゃー

こっちもかーい(笑)

って感じでもう笑うしかなかったですね。

しかも2枚目の貼り紙に関してはシャノワールのものを使っているという…汗

具体的に悪さってどういうものなのかわかりませんが、こわいですね。

そしてこの貼り紙をみて私が疑問に思ったことは「脅迫罪に問われないか」です。

ちょっと調べてみたのでまとめますね。

スポンサーリンク

この貼り紙は脅迫罪になるの?

まずは脅迫罪の定義を調べようと思います。

第222条

  • 1 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
  • 2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。
  • 引用:弁護士ドットコム
  • ふむふむ、つまり特定の人に対して「ぶっ殺す」「家燃やす」「監禁するぞ」とか、そういった言葉は脅迫になるわけですね。

    ん?この条例をみてみると例えば1人の人に対して「本人」か「その人の親族」に対してそういった言葉で恐怖や不安を煽ると脅迫になるみたい。

    先程画像を載せた貼り紙をみてみると「特定の個人」に向けての貼り紙ではないですね…

    ということはこの貼り紙自体は脅迫にはならないのではないかというのが私の見解。

    スポンサーリンク

    セールスに対して貼り紙したら?

    じゃあ自宅の玄関に「セールスお断り!」とかはまだしも「セールスきたらぶっ殺す」とか書いた貼り紙をしたらどうなの?

    これに関しても特定の個人に向けて言っているわけではなく、また実害を被る方もいないわけで特に罪に問われる事はないかと思います。

    ただ弁護士じゃないから100%大丈夫とは言いきれないから実践は自己責任でお願いしますね。

    ※当サイトは一切責任を負いません。

    ただ、たぶんそんな貼り紙をしたら周りの人から「あそこの人は頭おかしいのかしら?」「関わらないようにしよう…」なんて思われてしまう可能性大なので注意して下さいね(笑)

    スポンサーリンク

    まとめ

    今回大阪日本橋の道端でみつけた「ぶち殺す」の文字が書かれたショッキングな貼り紙。

    条例をみてみると、特定の個人に向けたものでなければ脅迫罪には問われないのではないかという結論に至りました。

    しかしもし何か迷惑行為などを受けており貼り紙を真似する場合などはちゃんと弁護士に相談した上で法的に問題のない事を確認して実践する事をオススメします。

    ※当サイトは一切責任を負いません。
    あなたにピッタリの法律の専門家を無料でご案内します!

    また面白かったりショッキングだったりする貼り紙、看板などみつけたらお伝えしていきますので、お楽しみに!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました