【即位の礼でテロ発生!?】皇居に向かう首都高トンネル内でおこった火災の真相と影響は?

衝撃ニュース
スポンサーリンク

首都高トンネル内にて大炎上

本日2019年10月22日皇位継承に伴って新たに即位した天皇陛下が即位を内外に宣言される、「即位礼正殿の儀」が皇居 宮殿で行われます。

国内外、多く賓客を迎える今回の大イベント。

何がなんでも事故や事件・テロなど起こさずに平穏に行わなければなりません。

そんな思いとは裏腹に陛下は赤坂御所から車に乗って皇居へとむかうのですが、皇居に向かう途中にある三宅坂・首都高トンネル内にてトレーラーが大炎上する事故が発生。

現場や関係者に衝撃と緊張が走りました。

この事故が起こったのは午前6時半頃。

陛下が皇居へと向かう為、赤坂御所を出発したのは午前八時過ぎ。

どうやらテロである可能性は無く、事故である事が判明。トレーラーが炎上した原因はトレーラーのタイヤがバーストし、炎が車体にまわったためだと考えられます。

皇居に向かう途中にあるトンネル内での火災、テロではないという事で一安心です。

陛下はお車の中から窓をあけ、報道陣にお手を振られる姿などみられ、無事に皇居へと向かわれた模様。

なににしても、テロでなくて良かったです。新たな天皇陛下の即位の礼で、国民の関心も敏感になっているので、警備もしっかりしているとは思いますが·····

無事にこのまま即位の礼が滞りなく行われることを切に願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました